猫に目薬


猫の小太郎といろはとめごの日記です
by うてな
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:病気・怪我など( 66 )

たまのその後

退院してきたたま。
病院でもらってきたカリカリは子猫用。

小粒なのが理由その1

理由その2は、まだまだガリ子で
カロリー摂取が必要だから。

今まではカリカリが食べれないたまのご飯は
トロトロの重湯みたいなご飯に(アイシア15歳からの健康缶)
カリカリ(ロイカナ マザー&ベビーキャット)をミルで粉砕して混ぜて、
ペースト状にしてあげる。
だったのですが、
普通にカリカリを食べられる事に驚きました。

本当に歯が痛くて食べられなかったんだなぁと実感。

たまがカリカリ20gも食べてくれたとか、
感動ものです。


そして、手術後なのでお薬が処方されています。
錠剤を飲ませるんですが、
たまは2㎏そこそこの子。

口がちっちゃくて。

この投薬が少々恐怖です。
錠剤なので喉の奥に落としたいのですが、
口が小さすぎて
薬をつまんだ指を奥まで入れるのが怖い。

この子に薬をあげるたび、
小太郎の口は大きかったんだなぁと
懐かしく思い出します。





迷子のお知らせ

静岡県焼津市で迷子さんを捜しています。


情報がありましたら、
掲載の連絡先、
リンク先のHPの連絡先、
当方のコメント欄、
いずれかにご連絡をお願いいたします。


すべての迷子ちゃんがお家に帰れますように。



腰を火傷して以来、
お風呂はシャワーのみだった私。
本日やっと湯舟に浸かることができました。

ああ、湯舟って本当に気持ちいい・・・。
日本人はやっぱり湯舟が一番です。






[PR]
by utena08 | 2017-12-21 03:35 | 病気・怪我など | Comments(4)

たま、退院

昨日、17日日曜日。
たま、無事退院となりました。


実は先生から、病院でご飯を食べれる事を確認してから退院となりますと言われていました。
退院なら日曜日のお昼くらいに連絡があるはずだったのですが、連絡なく。

ああこれはご飯食べれてないんだなって、日曜日の夜、様子を見に行きました。

病室ではトイレとして入れられているであろう箱に入っていたたま。
ケージを開けて頭を撫でると嬉しそうにスリスリ。
a0193441_23153267.jpg

ケージに入れられているご飯はあまり減ってはおらず、歯が痛いのかなぁと思いながら暫く撫でていると、安心したのか、おもむろにカリカリを食べ出した。
a0193441_23153567.jpg


とても感動しました。

たまちゃんは、ママがいなくて不安だったんだねえ。

と見守っていたら、先生から急遽これだけ食べれば大丈夫と、退院許可が降りました。

ちょっとバタバタした退院となりましたが、あとは家でどのくらい食べれるかだけです。

先生からは出来るだけドライのみで生活させて下さいと言われているので、現在はたまが気にいるご飯を物色中です。

これからはドライを食べてくれるといいなぁ。

[PR]
by utena08 | 2017-12-18 22:45 | 病気・怪我など | Comments(4)

無事終了

たまの手術は無事終了しました。
昨日の夕方、少しだけ面会に行ってきました。
a0193441_07165825.jpg

まだ麻酔も醒めきっておらず、ぼぅっとしていましたが、体を撫でたら少しだけ態勢を替えてくれました。

私だと気がついているやらいないやら……。

その後、先生と少しだけ話をしました。

歯はやっぱり全抜歯となりました。
かなり時間がかかる手術だったようです。
奥歯は特に酷くて、3本の根っこのうち、1本で支え、あとはぐらぐら……のような状態だったようで、やはりあれでは痛くてドライはたべられなかっただろうと言うお話でした。

術後、麻酔が少し醒めた段階で、痛みからかかなり大暴れしたようで、少しだけ痛み止めを注射していただいたようです。

帰宅は術後の経過次第という事で、今日帰ってくるか、明日帰ってくるか分かりませんが、大変な思いをした後なので、少し一人でゆっくりさせてあげようかと思います。


とにかく、無事に終わって良かった。


[PR]
by utena08 | 2017-12-17 07:03 | 病気・怪我など | Comments(0)

たま、手術

a0193441_04565413.jpg

なんか可愛く写真が撮れないなぁ。
でも、ベロ可愛いから、ま、いっか(笑)


たま、本日12月16日。
全身麻酔で全抜歯手術です。

保護当時から、あまりの口内環境の悪さに決定していた抜歯手術。
体重が足りなくて一生懸命増量に励み、やっと迎えられる手術だけど、全身麻酔のリスクや抜歯の痛みを想像すると堪らなく怖くなる。

歯肉炎でぼろぼろの歯ぐき。
抜歯しか道はなく、抜歯すれば歯肉炎からの痛みとはさよならできるって分かってはいても、目先の痛みとか万が一を考えるとやっぱりやめますと言いたくなる。

そんな日だって言うのに、実はお嬢の保育園のクリスマス会と予定がかち合ってしまって、かなりの強行軍。
(クリスマス会の日程が発覚した段階で、手術の先伸ばしを検討したけど、1ヶ月は先になるので断念)

たまをかなり朝の早い時間に病院に預けに行ってきます。

無事に手術が終わりますように。



[PR]
by utena08 | 2017-12-16 04:23 | 病気・怪我など | Comments(0)

むう通院

むうさん、本日駆虫2回目(アドボケートでした)と、
ワクチン1回目と検便してきました。

検便は、保護した時(1月3日)
その後(10日後くらい)でしていたのですが、

3日時点では
コクシジウムと回虫卵発見。
バイコックス3日投与とレボリューションで駆虫。
(3日~5日まで入院)

5日に帰宅。
6日に回虫本体が出ていらっしゃいました。

10日後検便で
コクシ回虫ともに発見されず。

2月4日の検便でもなにも発見されず。

本来なら今回の駆虫薬投与から
更に2・3週間後の検便で何も発見されないのを
確認してからの合流となりますが、
とりあえず2回検便クリアしたので
1階寝室から、2階の猫部屋への
引っ越しを決めました。

原因は、旦那の寝不足と、
むうの引っ込み思案生活改善のためです。

むうは多分性格だと思います。
人間がいるところで、
自分から小屋の外に出てくることは皆無です。

小屋から引っ張り出されるのには抵抗しますが、
噛んだり引っ搔いたりはなし。
膝の上に乗せてまったりしていれば
ぐーぐー言ってくれます。

ただ、寝室だとあまり自由に遊ばせてあげる事が出来ないので、
2階の猫部屋で、隔離しつつ、
ケージを開放してあげようと思います。

寄生虫の可能性は少なくなりましたので、
布類の開放と、
ちょっとだけめごといろはとケージ越しに対面させてみようと思います。

と、いうのも、
ワクチンの存在を忘れていたので^^;

子猫は1か月おきの2回接種してからの接触が望ましく。

うちの子は完全室内飼いで
予防接種しているので大丈夫かとは思いますが。

せめて1回目から1週間は接触させたくない。

ワクチンを忘れていたのは痛かった・・・。
バカ、私のバカ。
また時間かかるじゃないか。

2階で直接接触のない状態で隔離しつつ、
ケージ越しに対面させようと思います。

他には、
むうさん、いまちょっとお腹の具合が緩めで
お腹の薬(ディアバスター)
もらって来ました。

ディアバスターは
お腹の弱いめごもよく処方される薬。
実は我が家にはシートで常備されています。

子猫の処方量が分からんのであげなかったのですが、
むうは1回2分の1錠を1日2回だそうです。
(めごは1回1錠を1日2回)

むうさん、お口が本当に小さくて。
小太郎やめごの大きな口に投薬するのに慣れていた私は、
むうのちっちゃな口に投薬するのが
すっごい恐怖です。

こんなに小さな口の奥に薬落として平気なの!?
て思いました。
むうは上手に飲んでくれたようですが。

とりあえず、
投薬だの通院だので、
またちょっと嫌われるかもですが、
むうさんには引っ越し後の一部屋開放で
のびのび過ごしてもらいたいです。

a0193441_03251451.jpg

この伸びた手が嬉しかったのですよ。







静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

a0193441_00472249.jpg




ただ、少し心配な事。
夕方投薬の時が気が付きました。

むうさん、右の大腿部に
毛が抜けた後に生えてきた形跡がありまして。

普段は小屋の中、
引っ張り出しても膝上で抱っこの状態では気が付かず。

a0193441_03251692.jpg
緑の〇の部分に影があるので何だろうと思っていたのですが、
このへこみ部分、
丸ごと毛が抜けて生え変わっていました。

生え変わった毛もかなり伸びていて
ハゲの部分はないのですが、
一目でここハゲてたよねって分かる状態です。

保護直後とか、どうだったんだろうなぁ。
あんまり触れなかったし、
うちに来た段階でもハゲ具合確認できる状態ではなかったので、
いつ禿げたのかが分からない。

真菌じゃなきゃいいのですがね。

色々ありますが、とりあえずは
猫部屋開放のための準備をしたいと思います。





[PR]
by utena08 | 2017-02-05 03:24 | 病気・怪我など | Comments(4)

ご報告

みなさまに
たくさんの応援と元気玉をいただいていた小太郎ですが、
本日7月29日、朝9時過ぎに、虹の橋を渡りました。

私は最後を看取る事はできませんでしたが、
旦那が休みで家にいて、
看取ってくれました。

昨日の夜中こそご飯をやめましたが、
昨日の夕方のご飯と薬は頑張ってくれていました。
貧血でおぼつかない足取りでしたが、
自分で動けていました。

今朝も頑張ってご飯を飲んでくれたそうです。

最後が近いだろうとは漠然と思っていましたが、
それでもまだ間があると思っていました。

でも小太郎は、本当に頑張っていてくれていました。
頑張りの限界だったのかなと思います。

最後は眠るようにとはいかなかったようで、
看取った旦那は少し辛い思いをしたようです。

それでも、彼が綺麗にしてくれた小太郎は、
本当に穏やかに眠っているようです。

今は辛かった体を抜け出して、
元気だった頃に戻って、
レオ君や宗滴と合流していると思います。

それとも、まだこのうちにいるのかな・・・?


小太郎に色々なアドバイスや応援を、
本当にありがとうございました。

そして、小太郎、うちに来てくれて、
たくさんの思い出を本当にありがとう。

ゆっくり眠って下さい。





[PR]
by utena08 | 2016-07-29 22:41 | 病気・怪我など | Comments(9)

小太郎の様子

行き倒れ中のやんちゃ娘
彼女は基本行き倒れですw

a0193441_03461103.jpg

a0193441_03461366.jpg

蓋にIN
こっちはちょっとゆったりめ??

a0193441_03461438.jpg

先日行った、うちの子の出身地のボラさんの譲渡会
黒猫ちゃんで緑の目の子がいたので、
おもわずパチリ。

a0193441_03461639.jpg

女の子でしたが、抱っこさせてもらったらツルツル^^
一緒にいる白猫のお兄ちゃんと仲良しで、
お兄ちゃんはキレイな青い目でした。





静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

a0193441_00472249.jpg



小太郎の状態ですが、
25日の検査では結果が思わしくなく。

前回は下がっていた
白血球・肝臓の数値、ともに上昇。
貧血はすすんで、ヘマトが7.7%

何より、尿は出ているのに、体重が350gくらい増加。
でも、肺の雑音もなく、
先生も首をかしげる状態。

とりあえず、輸液を今日はやめてみましょうとのことで、
1日輸液を抜いたら、
みるみるうちに体重は減ったのですが、
25日からこちら、
輸液量の管理のため、毎日病院に電話をかけて、
体重と体調を伝えて、先生に輸液量の指示を仰いでいます。
(だいたい1日150です)

が、ここ2日ほど、
あまり小太郎は調子が良くないらしく、
今までは行けていたトイレにも自分で行けなくなってしまって
再びオムツをしてもらう事になりました。

そして、今日の夜は、
ご飯を嫌がる度合いが強すぎて、
興奮してしまったのか、
悲しい声で鳴き、呼吸が口呼吸になり、
ちょっと心配だったのでご飯中止。

色々頑張ってもらっているので、
あまり無理はさせたくないのですが・・・。



ちなみに、オムツ生活になるにあたって、
ためしにうちのお嬢のオムツを加工してみようと思ったのですが
(マミーポコパンツのビック)
穴をあけた時点でポリマーがボロボロ・・・っ!!

マミーポコはちょっと加工には向かないみたいです^^;
ムーニー加工している方は
ポリマー出たりとかしないみたいなので、
ムーニー買ってこよう^^





[PR]
by utena08 | 2016-07-29 04:15 | 病気・怪我など | Comments(0)

神経症状

7月6日、AM3時頃。
小太郎に神経症状が現れました。

ネフガードをあげ、体重をはかり、輸液を入れ。
小太郎を床に下した時から顕著になりました。

右側に力が入らないみたいによろける。
水飲み場にジャンプするために、
真っすぐ飛び上がろうとして、実際は斜めに飛び上がる。

1時間後に見たら、眼振というか、
左と右でまばたきが違う。
まばたき自体多かったけど、
明らかに右が痙攣みたいになってる。

トランポリンの上に嘔吐の跡。
うまく歩けずよろける。
失禁もあった。
斜視っぽくなっている時もあった。

4時間ほどの間に、これらのひどい症状はおさまったけど、
相変わらず体に力が入らないみたいによろけて歩きます。

我が家のトイレは階段を上った上の部屋にあるので
とてもトイレには上がれないだろうと
トイレをひとつ下におろしたら、トイレはそこでしてくれました。

明らかにおかしいので、
かかりつけは休診日なのですが、
電話して診ていただきました。

実は前日(5日)に病院に検査に行っていたのですが、
その時の血液検査の数値と、今日の数値はほぼ同じ。

よって、脳関係の疾患が疑われました。

とりあえず、前回の脳炎の時には効果があった
バイトリルを注射をして帰って来ました。

相変わらずよろけて歩いていますが、明け方のような症状はおさまっています。
このまま注射が効いてくれるといいのですが。



・・・でも、こんだけ弱っているのに。
こんだけよわっているのに!!

愛情ご飯はいつにもまして、全力の全力で拒否してくれるんです・・・orz

小太郎、抵抗できるのはご飯を食べてるおかげなんだぞ~・・・







静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

a0193441_00472249.jpg













[PR]
by utena08 | 2016-07-06 14:58 | 病気・怪我など | Comments(3)

小太郎の様子

まずは、小太郎への応援、本当にありがとうございます。


昨日の午前中に小太郎の面会に行ってきました。
入院した時よりも呼吸も楽そうで安心しました。

普段あまり文句を言わない小太郎ですが、
さすがに連れて帰れと文句を言われました(笑)

白血球は入院時よりは下がりましたが、
依然高いままです。
肺の状態をみながらの輸液なので腎臓の数値も高いです。
貧血も進んでいました。

ひとつだけいい事は、カリウムの値は下がっているそうです。

全体的に体が弱っているのは確かです。

先生曰く、
抗生物質が効かないというよりも、
小太郎自身の免疫力が下がってしまって、
免疫不全のような状態になってしまっているとの事です。
なので、前回の脳炎や、今回の肺炎のような状態になってしまうと。
通常ならばこういう状態にはならないとのことで。

ただ、入院自体については
呼吸が安定すれば酸素室にいる必要はないので
退院できるそうです。

その際は、必要な処置を自宅でできるように配慮してくださるそうです。

ただ、我が家は昼間留守がちなので
もう少し白血球の数値が下がるまでは様子を見ましょうという事になりました。

もう少ししたら、退院できるかなと思います。

ご飯は相変わらず食べていないようなので、
ご飯に関しては格闘する事になりそうですが、
数値的にも気持ちが悪くてご飯食べられない状態のようなので、
やっぱり強制は必要になるかと思います。

今日も面会に行ってこようと思います。
昨日より、少しでも楽になっているといいなと思います。

小太郎の様子を撮影してきました

ちょっと動画が上手く貼れなかったので
リンクしました。

では、今からまた面会に行ってきます。








静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

a0193441_00472249.jpg





[PR]
by utena08 | 2016-06-19 10:19 | 病気・怪我など | Comments(5)

入院

タイトルのように、
昨日小太郎入院となりました。

昨日、仕事を早引けして帰ってきたら、小太郎、呼吸が荒く、朝よりも状態が悪くなっていました。

レントゲンでは、肺が白く写り、水が溜まり初めているか、炎症等起こしているかのようです。

クレアチニンやBUNも上昇、カリウムもじわじわ上がってきています。

カリウムが上がってきたら危ないと、以前から言われていました。

腎臓の数値のために輸液をいれると肺に悪く、肺を治すために薬をあげようとすると腎臓に悪いという状態です。

まずは苦しい呼吸の改善のため、酸素室と気拡張のためのお薬続行を投与で、一晩様子見との事でした。

今日は旦那が話を聞きに行ってくれます。


小太郎、昨日の朝までご飯食べてくれていました。

体力があるうちに、なんとか肺が改善されればいいのですが……


取り急ぎ、ご報告でした。





[PR]
by utena08 | 2016-06-17 10:13 | 病気・怪我など | Comments(0)

最新の記事

動きを阻むもの
at 2018-07-07 15:41
ジェラシー
at 2018-05-09 23:55
全員集合!
at 2018-05-05 12:50
しびれます
at 2018-04-29 09:50
めごとお風呂場
at 2018-04-28 09:10

うちの子

小太郎♂
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
大抵の事には動じない、どっしり大物ぶりが評判の我が家の接待役
推定誕生日、2009年4月1日 7歳
2016年7月29日 4年の腎臓病の闘病の末、虹の橋へ。
穏やかでおおらかで優しい、永遠の我が家のボス。

いろは♀
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
超人見知り。新人が入るたび追いかけられる気苦労の多いお姉さん。
超子供嫌いなのに、お嬢に好かれ、最近はしぶしぶ我慢してくれる忍耐を身に着けてくれました。
推定誕生日、2011年4月1日 6歳

めご♀
2013年12月30日、静岡猫の会さんより我が家へ
ノルウェイジャン
外見高貴なモフ族なのに、とても強気なやんちゃ娘だった(過去形)
最近は新入りに押されて強ストレスに・・・。
推定誕生日 2013年10月1日 4歳

むう♀
2017年1月2日に我が家の子に。
同僚の家に無許可で間借りしていたお嬢さん。
話を聞いていて、我慢ができずに我が家にナンパ。
同僚の家で、私は「むうちゃんのお母さん」と呼ばれてるらしい(笑)
推定誕生日、2016年8月15日 1歳

たま♀
2017年9月5日 旦那が飲食店の駐車場で見つけて保護。
口腔状態が悪く、年がさっぱり分からない、年齢来歴不詳。
人間大好き、猫大好きな女の子。

ひーさん
人間の女の子
時々特別出演
いろは大好き、めごは友達

レオ君♂
2011年12月4日、静岡猫の会さんより我が家へ
ラグドールの不思議系天然きかん気君
2012年6月25日、FIPで虹の橋の向こうへ
3歳

宗滴♂
2012年12月2日、静岡猫の会さんより我が家へ
超ビビリん坊の、猫の皮を被った不思議なイキモノ
母さんラブの可愛いモップくん
推定誕生日、2012年5月1日
2014年10月12日、FIPでレオ君と合流
2歳

最新のコメント

じっ・・・自慢ですかっ?..
by ひめ at 18:30
久方ぶりの旦那様ご登場で..
by Kanikani at 01:14
> ひめさん めごのシ..
by utena08 at 07:57
> kyokocatさん..
by utena08 at 07:49

検索

ブログジャンル

猫
子育て

画像一覧