猫に目薬


猫の小太郎といろはとめごの日記です
by うてな
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

愚痴、希望。個人的な想い。たくさん。

a0193441_00580632.jpg
本日は、個人的な想いの記録です。

せめてもに、トップにいろはさんをおいておきますが、
凄い顔しています^^;

小太郎のために置いたキャリーでお休みになられるいろはさん。
すっかりお気に入りで、
連日入り浸っています^^;



で、小太郎は、ペースト状の給餌が難しくなったので、
完全に液体状の物に移行。

チューブダイエット、重宝しています。

Amazonは高いですけれど、
楽天なら5000円台で買えます。
どっちにしろ高いですが、
とにかく給餌を嫌がる小太郎にも、
その小太郎に給餌しないといけない私たちにも、
少量でカロリーが摂取できる商品は精神的にありがたいのです。

嫌がる小太郎に給餌するのは大変。
できるだけ、短い時間で済ませてあげたいです。

先日は嫌がってびよんと飛んで逃げる小太郎の後ろ足で
(まだ嫌がって逃げる体力はあるのですよ)
デコルテにでっかいひっかき傷ができました^^;
私の手足は消えない猫のひっかき傷だらけですが、
これも多分消えません(笑)

まあ、名誉の負傷です。
(ああ良かった、結婚してて 笑)

こんなに嫌がってるのに食べさせないといけないなんて・・・
て思います。

嫌な事しないで自然に任せて・・・と思わないでもないですが、
そんな事すると、小太郎はあっという間にあの世行です。

ほっといたら、水も飲まず、
ご飯も食べず、数日で干からびます。
点滴もしなかったら、尿毒症の症状も出ると思います。

痙攣発作が酷くて安楽死も考えた、
レオ君みたいな事には絶対したくありません。

私は、長生きにはこだわりません。
ただ、辛い思いはしてほしくないのです。
食べないのは小太郎自身の選択かもしれませんが、
痙攣発作は、多分辛いと思います。

それは回避したい。

で、現状、
神経症状が出てしまってふらふらですが、
まだ腎臓の数値は末期ではないのです。

ふらつきながらも、まだ動けます。
かなり痩せてしまっていますが、
白血球の数値は治療の甲斐あって、
少しずつ下がっています。
(今は、腎臓温存の治療では結果が出ず、
腎臓に負担がかかっても、
神経症状を抑える治療を優先しています)

印象としては、
以前脳炎になった時の方が、
よっぽど死にそうだったのです。

正直、ふらつきなんかの
症状が改善するとはあまり思えませんが、
まだ最後には時間があると思うのです。

だとしたら、それまでは頑張っていただきたいのです。




そして、思うように動けなくなって、
トイレが間に合わない事が増えたので、
ケージに入れるか、オムツにするかを悩んで、
とりあえずオムツする事にしました。

オムツするのも少々嫌がりますが、
ゲージに閉じ込めるよりはいいと思うのですが・・・。

試しにと思って
近所のホームセンターでペット用のオムツを見たら、
30枚で1800円ほど!!

ありえん・・・!!!
高い、高すぎる・・・Σ(゚Д゚)

ネットでみたら、120枚3280円くらいのもありましたが。

最初は構造を知りたかったので買いましたが、
次回からはさくっと人間用をアレンジしたいと思います。

人間の新生児用なら100枚1000円ちょっとだし、
オムツなんてこまめに変えられるにこした事ないですしね。

人間用を猫用にアレンジするにあたっての注意点、
オムツ生活について、
実体験ある方いらっしゃいましたら、
ご教授下さい<(_ _)>

ネットで検索したら、
オムツかぶれするから、
こまめに拭くか洗ってあげて下さい的な記述を見たのですが、
小太郎、物凄く嫌がりそうです^^;
小太郎が嫌がると、私も大変。  

介護生活、大変だと続きませんから、
ちょっとの工夫を、
日常生活に取り入れられるようにしたいのです。


最後に、
小太郎がよりによってエアコンのない部屋に行きたがってしまって
困っています。
何回エアコンが効いてる部屋に連れ戻しても、
気が付くと暑い部屋に行ってしまっています。

もともと、エアコン設置予定の部屋だったのですが、
設置費用はともかく、
エアコンの室外機の置き場所に困ってしまって
1年以上設置を躊躇している部屋なのです。

こればっかりは、
昼間留守中に行かれると熱中症うけあいなので、
エアコンの効く部屋のみで過ごしてもらう予定です。

問題は、どうやって
いろはやめごの通行は妨げず、
小太郎だけ通れないようにするか。
なのですが。

今日のお留守番をどうするか、
現在思案中です。


今日は色々な気持ちを吐き出しました。
お付き合いくださった方、
ありがとうございました<(_ _)>







静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

a0193441_00472249.jpg










[PR]
by utena08 | 2016-07-12 04:12 | | Comments(12)
Commented by 21328gum at 2016-07-12 21:14
うてなさん、こんばんは。毎日お疲れ様です。

色々とおツラいですね(..)
お気持ちは痛いほどわかるのに
何のアドバイスも出来ない
自分がもどかしいです。

小太郎くん 逃げる体力があるのは
ちょっぴり救われますね。










Commented by 21328gum at 2016-07-12 22:06
すみません。またやってしまいました(TT)

家の胡は、下半身不随になってオムツ猫になったので、小太郎くんの参考にはならないのですが…

色々試した結果
赤ちゃん用のオムツにおシッポ穴をあける細工をするか、オムツの前後を逆にしておシッポ回りをクロスしてマジックテープで止めてましたが、
下半身を引きずるのと、本猫がいやがるので、
直ぐにオムツがずれたり、脱げてしまったり…
結局、部屋中ペットシートを敷き詰めてました。
汚れた下半身は、拭くのですがあまりキレイにならなくて…週一位でお風呂いれてたら
先生に、歳だし負担が大きいから止めた方がいいと言われて、圧迫排尿を教えていただきました。
家は本猫が受け入れてくれたので、
双方の負担も少なくなったと思います。

小太郎くんが辛くなく穏やかに過ごせるいい環境が見つかります様に…。

うてなさん一家 fight !

Commented by d-okoshi at 2016-07-13 00:59 x
こんばんは。
大変な思いをしてさぞ心身ともにお疲れかと思います。
猫ちゃんに辛い思いをしてほしくないという気持ち、痛いほど良くわかります。
さて、現在、自宅輸液(皮下輸液)をされていると思いますが、主治医の先生から静脈輸液の提案はされませんか?
静脈輸液の効果は皮下輸液よりも効果の即効性があり、BUN、クレアチニン、リン、カリウム等の値を改善させて、
結果的に気持ち悪いなどの症状がおさまり体が楽になり食欲が出てくる可能性をもたらす治療方法です。
ここまでは皮下輸液と即効性があるかないかだけの問題で皮下輸液をやっているから無意味と思われるかもしれませんが、
利点は、
①皮下輸液より、多くの輸液を入れられる可能性がある。(皮下ではなく静脈に直接十分な時間をかけて入れる)
②静脈輸液を行うのと同時に一緒に他のお薬や栄養剤を入れられる。
 
今の皮下輸液より輸液を多く入れられれば体調が好転するかもしれませんし、
②のように一緒に栄養剤なども一緒に入れられることも出来るメリットもあります。

ただ、デメリットとしては
① 静脈輸液は半日から1日かけて行うのが通常ですので自宅で行うことは限りなく無理に近く、病院に長い時間預けないといけない。
 その間、猫ちゃんはゲージに入れられて静脈と長い時間輸液をいれるチューブとお付き合いすることになり、
 猫ちゃんへも負担もあり、飼い主さんはとても心配になる。
②輸液を多く入れられる可能性がある分、過剰に入ってしまい他の臓器へ負担がかかってしまう。
 (入れる量は獣医師の判断ですので、そこは信用するしかありません。)

静脈輸液はそういったデメリットもありますが、もしかしたら猫ちゃんの回復の期待でき、辛さから解放される可能性がある
有効な治療法かと思うのですがどうでしょう?

もしかしたら併発している病気などが関係していていたり、
今は白血球が高いということは感染してる可能性があるから見送ってる状態なのかもしれませんが…。
後は尿量を増加させて悪い成分を体外に出すのを促す意味で、利尿剤を入れてみるとか…。

いつもお節介なことばかり書いて申し訳ございません。
小太郎君の回復を願っています。
Commented by utena08 at 2016-07-13 03:48
>チビタママさん
エキサイトは、うっかり送信になっちゃう事多いですよね。
私はメールで、何回書き途中の文章を送信した事か^^;

オムツは、猫さんは嫌がる事が多いですよね。
小太郎も、脱ごうとはしますが、まあ体の動きが上手くいかず、そのままの状態でいてくれます。
が・・・現在試行錯誤中です。
出来ればオムツもしない方がいいと思うので。

そして・・・圧迫されていたのですね。
習得されるまでが大変だと聞いています。
輸液の針刺しに慣れる何倍も大変だったと思います。
猫ちゃんのために最善の選択を・・・。
いろんな努力をされている方のお話を伺うと、私もがんばろうと力が湧いてきます。

応援をありがとうございます<(_ _)>
小太郎に最善を合言葉に頑張ります^^
Commented by utena08 at 2016-07-14 04:09
> d-okoshiさん
コメントありがとうございます。
昨日途中までコメント書きつつ、寝落ちしてしまいました^^;
いつも違った視点からのアドバイスをいただけて、とても助かっています。

静脈輸液の話は、そういえば出た事はありません。
ただ、お察しのとおり、現在小太郎の敵は白血球と貧血です。
腎臓の数値は、良くはないですが末期を示すものではないのです。

貧血が酷くて、これが持ちなおさないと輸液をたくさん入れられない状態です。
なので、輸血の可能性は伝えられています。
今はいい造血(?)の注射があるそうで、ずっとそれを打っているのですが、現在は打ってもあまり効果が得られなくなってしまっています。
造血しても、白血球が壊してしまっているようです。

昨日はまだ調子が良かったのですが、今日はかなり足元がおぼつかなくなっています。
まだ腎臓は持ってくれているので、なんとか持ちなおしてほしいのですが・・・。

Commented by さと at 2016-07-15 02:09 x
うてな様、こちらでは初めてコメントさせていただきます。

小太郎くんの病状は本当に心配ですね。
前向きに献身的に看病をされている、うてな様の心中をお察しします。

以前にウチの祭のオムツの件で、猫魂さまのブログのコメント欄にて、うてな様から極小サイズの赤ちゃん用のオムツの存在をいろいろと教えていただいたお陰で、今はすっかり人間用(小さい新生児用)のオムツ加工で、安価で肌触りも良く、祭本にゃんも快適に(←多分)介護生活をしております。

その節は本当に助かりました。ありがとうございます!

ウチの子は寝たきりな状態の猫なので、動ける小太郎くんのオムツ加工の参考になるかは分からないですが、単純に赤ちゃん用紙オムツの後部分の真ん中辺りにシッポ用の小さな穴をハサミで切り抜いて、吸収体の粉を払えるだけ払ってから使ってます。

シッポを先にその穴に通してオムツを止めると、割と嫌がらず付けさせてくれます。

祭の場合、ほぼ一日中オムツ(ムーニー・エアフィット新生児用)を着けていますが、日に3回ほどの交換でこれまでムレ知らずです。

オムツを取り替える際に、丸めたティッシュで軽くオマタを刺激してオシッコを促すくらいで、特に拭いたり洗ったりはしていません。

実は、親しい友人の家に、オスの成猫で酷いスプレー癖があるために赤ちゃん用のオムツを付けて普通に暮らしてる猫がいますので、その子のオムツ事情をあらためて教えてもらって来ますね!

その猫ちゃんは子犬用のサスペンダーで赤ちゃん用のオムツを固定していて、割と見た目も自然でオシャレです。
ほぼ一日中、普通に室内で活動して、オシッコやスプレーが漏れることもなく、ムレもないそうで(やはりペット用と赤ちゃん用オムツでは格段の違いです! メーカーにもよるんでしょうか?)、慣れもあるのか特に嫌がりもせず着けているみたいです。

もし、小太郎くんがオムツだけではズレてしまう行動派でしたら、サスペンダーの併用も良いかもしれません。

小太郎くんにも快適に長生きで過ごして欲しいし、少しでもうてな様の介護生活の助けになれば幸いです。

大変ですが、お体には気をつけて頑張ってくださいませ。
また近いうちにコメント欄にてご連絡させていただきます。
夜分遅くに失礼致しました。
Commented by さと at 2016-07-16 17:44 x
うてな様、こんにちは。
小太郎くんの具合はいかがでしょうか。

小太郎くんの紙オムツ加工の件で、紙オムツ・ヘビーユーザーの友人にいろいろ教えてもらいました。
とても簡単な(簡単すぎるほど?)加工で、現在進行形で3年間ほど元気なオスの猫が紙オムツ生活をしてるそうです。

その猫は5.5kgほどの体重で、「ムーニーマン エアフィット Lサイズ」を愛用だそうです。(パンツの股上が長めのデザインで、胴の長い猫の体型に合ってて抜けにくいそうです。)

パンツのサイドの吸水ポリマーの入っていないギャザー部分を切り取って股ぐりを広げ、ハイレグ仕様で猫の太腿の負担を減らします。

紙オムツの後ろ身ごろの真ん中辺りに縦3cmほどのシッポ穴を空けて、その穴の周りの吸水ポリマー入りの綿を大きめに取り除いておくと、シッポにオシッコが伝い漏れしにくいそうです。

…たったこれだけの加工ですが、これで赤ちゃん用の紙オムツでも猫が快適に付けて過ごせるようになるみたいです。

オムツに慣れるまでに、やはり少し時間が掛かるそうです。

拙いながら、私のブログ日記にも画像付きで記事を書きましたので、よろしかったらそちらも参考にされてみてください。
追い追い、オムツ関連の記事も追加したいと思います。

暑かったり豪雨になったりと天候不順なこの頃ですが、うてな様もお体を大切にしてください。
闘病中の小太郎くんの頑張りと、いろはさんめごさんの健康をお祈りしております!

ご連絡が遅くなってしまって、本当にごめんなさい。
Commented by utena08 at 2016-07-19 04:54
> さとさん
こんばんは、お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
とっても詳しいコメントとブログを、本当にありがとうございます。

ここか、ひめさんのブログくらいしかお礼をする場所がなく、もっとお礼がしたいのにという気持ちでいっぱいです。

小太郎の現状ですが、一時期のトイレも行けず・・・という状態は脱したものの、足取りがおぼつかない状態なのは相変わらずで、先生の見立てでは、神経障害で平衡感覚に影響が出ているとの事です。
改善が望めるかどうか・・・新しいお薬を試しています。

それにしても、オムツ、パンツタイプで、基準体重より大きいサイズというのが驚きでした。
代替するならテープタイプで、だいたいが同じくらいの体重かと思っていたので。
あと、あの吸収ポリマー、ごそっと抜くだけで大丈夫なのですね。
間違って一緒に洗濯機で洗って大惨事になったことはあっても(笑) 普通に抜いた事はなかったので、新鮮な驚きです。

とにかく、オムツに関しては、蒸れや、汚れ移りがないという、本猫が不快に思う要素が少ないというのが分かって、本当に有難いです。
人間用のオムツの使い方が分かったのも嬉しいです。

とにかく、長時間留守にする時には、つけていただかないといけないものなので。

小太郎には必要ないですが、サスペンダー編も楽しみにしています。
本当に本当に、ありがとうございました。
Commented by ひめ at 2016-07-19 20:54 x
ひとりで踊ってました( ´艸`)
さとさん、優しいよね!私がさとさんのブログを見て
((((;゜Д゜)))))))ハッ!この丁寧なオムツ講義は、うてなさんへの・・・
と思い、伝えに来たら((((;゜Д゜)))))))ハッ!さとさんからのコメだ!!
っということで、見守っておりました。
あのオムツ講義のページは、いつか必要な時の為にお気に入りに入れました。

小太郎君とうてなさんも、そして さとさんと祭りちゃんも頑張っていて・・・私も頑張らなくちゃ!!
Commented by utena08 at 2016-07-20 02:05
>ひめさん
さとさん、本当に優しくて、最近めっきり涙もろい私は、コメントとブログ読みながら涙ぐんでしまいました。
・・・私なんぞ、祭ちゃんのオムツん時に、ちょろっと横レスしただけなのに・・・。
サスペンダー講座も興味深く拝見しました。
ペット用衣類にまったく興味のない私には、そもそも、犬猫用のサスペンダーがあるという事が驚きでした。
長く物事を続けていると、試行錯誤でいろんな経験が蓄積されていきますね。
それを分けていただけるのは、とても貴重です。
とても勉強になります。有難い事です。

私も現在、小太郎の投薬と強制給餌で試行錯誤中。
いつか誰かのお役に立つこともあるかもしれないし、自分の記録としても、アイデアは残しておきたいと思います。

小太郎の現状をブログでご報告したいのですが、なんやかやに負けて伸ばし伸ばし・・・。
これではいかんですね。
私も頑張らないと!!
Commented by さと at 2016-07-21 01:48 x
うてな様、小太郎くん… トイレ行けるようになったってスゴいですー! 本当に良かった!:*:・(つ∀`)。
うてな様の愛情いっぱいの介護と栄養補給のお陰ですね。

神経障害は、側で見てるとかなり辛いものがありますよね…。
本にゃんはもっとしんどいだろうし、小太郎くんのお薬が効いてくれることをお祈りしています。

オムツの件は、本当に在り来たりの簡単な事ばかりなのですが、少しでも参考にして頂けたら幸いです。
ちなみに、シッポ穴の吸水ポリマーの綿は、周囲グルッと1cmくらいの幅で抜いています。

うてな様のブログで、私も“小太郎くん介護経験や栄養価の高い愛情ごはん情報”の勉強をさせていただいてます!
本当に病気と闘う子にはご飯が命綱なので、今後とも頑張って高カロ給餌に励みたいと思っています。

うてな様、どうかご無理をなさらずお体を大切に、またマイペースにブログを綴ってくださいね。
いつも夜分遅くのコメントでごめんなさいです。ヽ(;´∀`)ノ
Commented by utena08 at 2016-07-24 05:01
> さとさん
小太郎は、どうやらビタミンBで状態がかなり改善されたようです。
まだふらつきますが、前よりずっと力強い(?)です。

チューブダイエットは実はひめさん情報なのです^^
私も昔、レオ君という子の時に使っていたと思われるのですが、ひめさんに言われるまで、存在をすっかり忘れていました^^;
少量でハイカロリー、水に非常に溶けやすい。
とても使いやすいです。
欠点は、乾くと非常にガビガビになる事と、とにかく値段が高い事^^;
毛につくととんでもなくカピカピになりますので、あげる時はこまめにぬれタオルで拭きながらあげています(それでもカピカピになってます)

祭ちゃんも、下の子が入ってきて楽しい日々を過ごしているみたいで、私もさとさんのブログでいつもほっこりさせていただいています。

さとさんも、お体無理をなさらないよう、ニッシーさんやでんこさんにもよろしくお伝えください。

最新の記事

感動
at 2017-07-07 03:32
感慨
at 2017-06-22 02:33
落とし物
at 2017-05-07 21:53
お久しぶりです。
at 2017-04-24 03:26
まさか!?
at 2017-03-05 08:40

うちの子

小太郎♂
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
大抵の事には動じない、どっしり大物ぶりが評判の我が家の接待役
推定誕生日、2009年4月1日 7歳
2016年7月29日 4年の腎臓病の闘病の末、虹の橋へ。
穏やかでおおらかで優しい、永遠の我が家のボス。

いろは♀
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
超人見知り。新人が入るたび追いかけられる気苦労の多いお姉さん。
超子供嫌いなのに、お嬢に好かれ、最近はしぶしぶ我慢してくれる忍耐を身に着けてくれました。
推定誕生日、2011年4月1日 5歳

めご♀
2013年12月30日、静岡猫の会さんより我が家へ
ノルウェイジャン
外見高貴なモフ族なのに、とても強気なやんちゃ娘
最近はおバカさんなりの成長が見られて、ちょっとお姉ちゃんになりつつあります。
何でか他の子(猫)に噛みつく悪癖あり。
ぺろぺろぺろ・・・ガブッ。
で、相手に怒られる事多数^^;
推定誕生日 2013年10月1日 3歳

むう♀
2017年1月2日に我が家の子に。
同僚の家に無許可で間借りしていたお嬢さん。
話を聞いていて、我慢ができずに我が家にナンパ。
同僚の家で、私は「むうちゃんのお母さん」と呼ばれてるらしい(笑)
推定誕生日、2016年8月15日

ひーさん
人間の女の子
時々特別出演
いろは大好き、めごは友達

レオ君♂
2011年12月4日、静岡猫の会さんより我が家へ
ラグドールの不思議系天然きかん気君
2012年6月25日、FIPで虹の橋の向こうへ
3歳

宗滴♂
2012年12月2日、静岡猫の会さんより我が家へ
超ビビリん坊の、猫の皮を被った不思議なイキモノ
母さんラブの可愛いモップくん
推定誕生日、2012年5月1日
2014年10月12日、FIPでレオ君と合流
2歳

最新のコメント

うてなさん、めちゃくちゃ..
by 月 at 16:56
本日、小太郎ご愛用の猫ベ..
by utena08 at 12:10
小太郎君は7月29日でし..
by ひめ at 19:25
今日もちょっと……と目を..
by utena08 at 03:24

検索

ブログジャンル

猫
子育て

画像一覧