猫に目薬


猫の小太郎といろはとめごの日記です
by うてな
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お手伝い

猫飼いあるある

『開封中の作業をお手伝い』(邪魔)

a0193441_00383811.jpg
a0193441_00384028.jpg

とうとう、ロボット掃除機だけでなく、
ロボット床拭き機にまで手を出しました^^;

から拭きも水拭きもしてくれてお利口さん。

凄い便利ですw




静岡県焼津市で迷子猫さんを捜索中です。

詳しくはこちらをご覧ください。




めごといろはの尿検査をしたいのですが、
改めて先生に採尿の条件を教えてもらったところ。

成分が変化するので、猫砂等を通り抜けたものは×
冷蔵庫保管すると、成分が結晶化したりするので、それも×

という事で・・・

つまり、
システムトイレの下のシーツを抜いただけでは駄目という事です。

とりあえず今めごをケージに入れて
砂を入れていないシステムトイレを入れてあるのですが・・・

この状態でおしっこしてくれるのかしら^^;

無理な気がします・・・。

普段はお嬢対策のため、ロフトにトイレを設置してあるので
しそうになったらすかさず受ける、
というのも出来ませんし・・・。

ケージの中に普通のトイレを入れて、
しそうになったらすかさず受ける、
というのもタイミング的に・・・^^;

どうしましょう・・・





[PR]
by utena08 | 2015-12-13 07:45 | | Comments(4)
Commented by d-okoshi at 2015-12-13 23:36 x
尿検査、採取の方法考えちゃいますよね。いろはちゃんとめごちゃんは、推測ですが尿の中に細かい結晶(結石の元 ストラバイト、シュウ酸カルシウム)の有無や細菌が潜んでいないかまで、細かく観たいためそういった厳しい採取条件を提示しているのかと思います。小太郎君に関しては尿検査しないですか?小太郎くんの場合、腎不全の子には尿検査で尿比重と尿蛋白だけでも重要な腎臓の状態を知り得ることができます。もちろんその他の項目も正確に測るのであれば、医師の条件通りに採取するべきでしょうが、腎臓に関して特に重要な尿比重や尿蛋白を測りたい場合はシステムトイレの砂、スノコ(砂よりスノコの方がなんとなく原液に近そうな)を通過したもので測ってもらえないでしょうか??
Commented by utena08 at 2015-12-19 05:19
> d-okoshiさん
我が家のかかりつけは、「猫」の先生なので、猫には優しいですが、飼い主には猫にベストな状態を求めます(笑)
飼い主都合も考慮していただけますが、基本的に猫の状態を把握する上で、最も適した状態を提示した上で、そこからの飼い主都合をマイナスと言った感じなのです。
一番検査にいいのは、そこそこ猫がおしっこ溜めた上で、病院で圧迫排尿だと思います。
なにがしかのものを通した場合は、やはり数値が変わってしまうみたいで、それはNGでした。

小太郎に関しては、造血の注射をしている時(現在)は1週間に1度の通院、普段は2週間に1度の通院で、毎回血液検査しているので、尿検査に関してはもうずっとしていません。
現在、毎日450の輸液を入れるほどなので、数値的にはあまり良くないのです。

ただ、やっぱり猫なので、毎日の生活に大きな異常がみられないのが救いです。

個人的には、犬猫用の採尿シートが気になります。
Commented by d-okoshi at 2015-12-20 00:18
完璧主義の獣医師なのですね^^小太郎君の尿検査をしないのはちょっと不思議かも。尿検査は侵襲性もない(圧迫排尿以外)し、尿比重・尿蛋白は腎臓の状態を知りえる大切な項目だと思います。エコーはやってませんか??
うてなさんがおっしゃるように輸液の量が毎日450ccとなると、血液検査で腎機能の数値(BUNやクレアチニン)、脱水(TP、ALB)がそれなりの数字を示していることが予測されます。あとP(リン)、K(カリウム)などね。尿検査より、まずはそちらを何とかしたいと思っているのかもしれませんね。
僕の以前の担当医がおっしゃっていたけど、血液検査で高い数値を示しても、それに猫ちゃんが慣れてしまうのか、普通の猫となんもかわらん生活を何年もしている猫ちゃんもたくさんいるそうです。僕が読んでいるブログの猫ちゃんも数値が高いのに元気に何年も暮している猫ちゃんもいらっしゃいます。確かに基準値内に数値が入っていないと腎臓は障害を受けていているんだろうけど、猫ちゃんによっては数値が高くても何年も普通に元気で暮らしている子もいるみたいです。(もちろん定期的な皮下輸液は必須でしょうけど。)
小太郎君はとても生命力の強い子です。数値が高くても輸液や適切な対処で元気に長生きできる猫ちゃんなのだと思います。(もちろん下がってくれた方が飼い主としても安心ですがね。。。)
Commented by utena08 at 2015-12-25 05:33
d-okoshiさん>
小太郎は若くてもともとの体重もあったので、体力があるんだと思います。
一番大きかったころからは1キロ以上痩せてしまっていますが、それでも4.3㎏くらいです。
実は、今に至っても、腎臓で調子が悪そう、と思った事はあまりありません。
ご飯食べなくて困ったりましますが。

我が家に来る前は過酷な環境で生きてきた子です。
おそらく生きる力の素地ができているのだと思います。

元気で長生き。

とてもいい言葉ですね^^

最新の記事

感慨
at 2017-06-22 02:33
落とし物
at 2017-05-07 21:53
お久しぶりです。
at 2017-04-24 03:26
まさか!?
at 2017-03-05 08:40
まだですよ?
at 2017-02-28 04:13

うちの子

小太郎♂
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
大抵の事には動じない、どっしり大物ぶりが評判の我が家の接待役
推定誕生日、2009年4月1日 7歳
2016年7月29日 4年の腎臓病の闘病の末、虹の橋へ。
穏やかでおおらかで優しい、永遠の我が家のボス。

いろは♀
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
超人見知り。新人が入るたび追いかけられる気苦労の多いお姉さん。
超子供嫌いなのに、お嬢に好かれ、最近はしぶしぶ我慢してくれる忍耐を身に着けてくれました。
推定誕生日、2011年4月1日 5歳

めご♀
2013年12月30日、静岡猫の会さんより我が家へ
ノルウェイジャン
外見高貴なモフ族なのに、とても強気なやんちゃ娘
最近はおバカさんなりの成長が見られて、ちょっとお姉ちゃんになりつつあります。
何でか他の子(猫)に噛みつく悪癖あり。
ぺろぺろぺろ・・・ガブッ。
で、相手に怒られる事多数^^;
推定誕生日 2013年10月1日 3歳

むう♀
2017年1月2日に我が家の子に。
同僚の家に無許可で間借りしていたお嬢さん。
話を聞いていて、我慢ができずに我が家にナンパ。
同僚の家で、私は「むうちゃんのお母さん」と呼ばれてるらしい(笑)
推定誕生日、2016年8月15日

ひーさん
人間の女の子
時々特別出演
いろは大好き、めごは友達

レオ君♂
2011年12月4日、静岡猫の会さんより我が家へ
ラグドールの不思議系天然きかん気君
2012年6月25日、FIPで虹の橋の向こうへ
3歳

宗滴♂
2012年12月2日、静岡猫の会さんより我が家へ
超ビビリん坊の、猫の皮を被った不思議なイキモノ
母さんラブの可愛いモップくん
推定誕生日、2012年5月1日
2014年10月12日、FIPでレオ君と合流
2歳

最新のコメント

> Kanikaniさん..
by utena08 at 02:19
うてな様お久しぶりです。..
by Kanikani at 23:28
うてなさん、お久しぶりで..
by 月 at 08:03
職場の試験・・・間に合っ..
by ひめ at 21:28

検索

ブログジャンル

猫
子育て