猫に目薬


猫の小太郎といろはとめごの日記です
by うてな
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

宗滴退院

宗滴、退院しました。
あまりめでたい話ではありません。


FIP、確定です。


ウイルスの抗体検査の数値は1600倍。
ただ、外部検査の結果、ガンマ(だったかな?)グロブリン値が高く、現在出ている症状や飼育環境(! 多頭飼いで起きやすい、1頭飼いは起きにくい...正直これはどうかと思う意見なのですが。ただ、ストレス要因が多いという意味では確かにその通りかもしれません)からみて、FIPで確定、という事で話をすすめましょうという事になりました。

宗滴の性格もあり、病院にこれ以上置いておいてもストレスになるだけだろうと、退院してきました。
病院でしていただいていた事は点滴メイン。
抗生剤とビタミン剤とインターフェロンを点滴していただいていました。

これから家で混ぜものなしのソルラクトを1日50CC点滴。
内服のインターフェロンを1日2回。
熱が下がらないので(ただし、急激な解熱は一時しのぎにしかならず、後で反動がくるため)ゆるやかな効き目の痛み止めを解熱剤代わりに1日1回(ただしこれ、たぶんほぼ気休め^^; 小太郎の歯痛の時に使った痛みどめです。解熱剤は、猫はきちんとした使い方をしないと副反応がでやすいとの事で、私も先生も使用を躊躇いました)

これを中心に、とにかく体力温存を目指していくことになります。
とにかく、ご飯を食べてもらうこと。
これが一番の課題です。

家であげてみて、とりあえずa/dが嫌いなのは分かりました^^;
スペシフィックの高栄養もキライなのが分かりました^^;

病院ではとある子猫用のペーストを食べたみたいなので、それは明日探すとして、でもやっぱり高栄養フードを食べていただきたいので、色々ネットで物色中(一袋単位で販売しているネット通販で、しかも発送が迅速なところが中々ないのが難点^^;)

今はとりあえず、半ば強制給餌ぎみにa/dを口の中に突っ込んでいます(ごめんよ~。でも、ご飯食べないのはダメだと思うんだ、私)
病院で頑張って食べてくれたのは、逃げ場がない環境で、口の前に押し付けられたから仕方なくで、ものすごーく実は嫌だった事が判明しました^^;
でも、キライでも嫌でもa/dは食べてくれ。

これだけは、妥協しません。
幸い、レオ君と違って、宗滴の嫌がり方は優しい(笑)
わりと簡単に口をこじ開けられるので、口の中に突っ込みやすい。
入れたものを丸々吐き出す事はないので、好みのものが見つかるまではこれがメインの栄養補給法になりそうです。
ただ、私もまだコツがつかめず上手ではないので、これから指を使った強制給餌の方法を勉強しなければ...。

ドライでも食べてくれればいいので、シーバとか買ってきてみようかな...。


レオ君の時は、白血球の数値がとびぬけて高かったり、腹水(肺水だったっけかな?)がたまっていたりと、FIPウエットの症状が顕著に出ていました。
今回宗滴は白血球の数値も高いとは言え、とびぬけてとまでは言えず、腎臓肝臓の数値も正常、神経症状もなしで、他の病気の可能性を期待しましたが、タンパク分画図(というのかな?忘れた...)には勝てなかった。
FIPドライだそうです。
発症していても1600という数値に驚きました。
FIPならそういう事もあるというのは知っていましたが、本当なんですねぇ。
ただし、こればっかりは仕方のない話です。(コロナウイルスの数が問題なのではなく、結局は強毒化するかしないかの問題なんでしょうね)

先生とたくさん話をしてきました。
レオ君の話も聞いてもらって、あの時の痙攣の原因も推測していただきました。
そこまで症状が進んでしまっていたら、本猫は朦朧としていて、痛いとかそういうのはもう分からない状態だったと思いますよと言っていただいて、不謹慎でも、少しだけ気持ちが楽になりました。
本当に、苦しくなかったのならいいのですけれど。


宗滴は今、一部屋隔離部屋を作って隔離中です。
同居猫に関しての空気感染はないそうですが、糞便に混ざったコロナをうつさないための隔離になります。
まあ、今まで一緒にいて、同じトイレ使っていたんだから、今更感はありますが。
ただ、隔離部屋が宗滴がいつもいたロフトではないため、ドアを開けた瞬間にロフトに行こうと逃げだします^^;
ロフトは猫トイレのある部屋なので、そこに隔離部屋を作るのは断念しました。
2階はひーさんがいるので、開けっ放しの部屋にトイレを置いておけんのです。

ただ、逃げだす元気がまだあります。
痩せちゃってますが、歩けるし、顔は案外しっかりしています。
宗滴の特徴のうにゃぁ~という鳴き声も健在。
帰ってきて早々、う○ちも少しだけどしたし、まだ大丈夫!
ちっこは移動中のキャリーの中でしちゃって、今凄い状態だけどね^^;
さすがに洗ってあげられないのが残念です。
濡れタオルとかで拭いてあげているのですが、中々頑固(笑)

少しでも長くこの状態を維持できるように、私も頑張りたいと思います。


食器の共有はNGなので、明日100均に行って、たくさん宗滴のご飯用のお皿を買いこんで、いろんな種類のご飯を少しずつおいておこうと思います。

宗滴の前では笑顔でいないとね。






[PR]
by utena08 | 2014-10-04 04:46 | 病気・怪我など | Comments(1)
Commented by leohana0709 at 2014-10-06 10:12 x
ひめさんのグログから来ました。
はじめまして。
うてなさんと宗滴ちゃんに大きな元気玉送ります!

最新の記事

頭突き
at 2017-11-24 18:27
首輪の必要性
at 2017-11-23 10:50
キュート
at 2017-11-20 15:11
追悼
at 2017-11-18 13:58
ハングリー
at 2017-11-17 02:48

うちの子

小太郎♂
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
大抵の事には動じない、どっしり大物ぶりが評判の我が家の接待役
推定誕生日、2009年4月1日 7歳
2016年7月29日 4年の腎臓病の闘病の末、虹の橋へ。
穏やかでおおらかで優しい、永遠の我が家のボス。

いろは♀
2011年7月24日、静岡猫の会さんより我が家へ
超人見知り。新人が入るたび追いかけられる気苦労の多いお姉さん。
超子供嫌いなのに、お嬢に好かれ、最近はしぶしぶ我慢してくれる忍耐を身に着けてくれました。
推定誕生日、2011年4月1日 6歳

めご♀
2013年12月30日、静岡猫の会さんより我が家へ
ノルウェイジャン
外見高貴なモフ族なのに、とても強気なやんちゃ娘だった(過去形)
最近は新入りに押されて強ストレスに・・・。
推定誕生日 2013年10月1日 4歳

むう♀
2017年1月2日に我が家の子に。
同僚の家に無許可で間借りしていたお嬢さん。
話を聞いていて、我慢ができずに我が家にナンパ。
同僚の家で、私は「むうちゃんのお母さん」と呼ばれてるらしい(笑)
推定誕生日、2016年8月15日 1歳

たま♀
2017年9月5日 旦那が飲食店の駐車場で見つけて保護。
口腔状態が悪く、年がさっぱり分からない、年齢来歴不詳。
人間大好き、猫大好きな女の子。

ひーさん
人間の女の子
時々特別出演
いろは大好き、めごは友達

レオ君♂
2011年12月4日、静岡猫の会さんより我が家へ
ラグドールの不思議系天然きかん気君
2012年6月25日、FIPで虹の橋の向こうへ
3歳

宗滴♂
2012年12月2日、静岡猫の会さんより我が家へ
超ビビリん坊の、猫の皮を被った不思議なイキモノ
母さんラブの可愛いモップくん
推定誕生日、2012年5月1日
2014年10月12日、FIPでレオ君と合流
2歳

最新のコメント

>かにさん 発泡スチロー..
by utena08 at 12:33
発砲スチロールに超強力両..
by Kanikani at 01:27
> トミーさん たまはパ..
by utena08 at 21:35
たまちゃんもパステル三毛..
by トミー at 21:11

検索

ブログジャンル

猫
子育て